【グラスゴー】おすすめの観光スポットとモデルコース

グラスゴーで絶対外せないおすすめの観光スポットを、ランキング型式でご紹介します。そんな見どころいっぱいのグラスゴーを最大限楽しむための、おすすめのモデルコースをご案内します。ガイドブックには載らないような、ふと気になった街の風景などは、グラスゴーの道草に掲載しています。

グラスゴーの基本情報

グラスゴーは、スコットランド最大の都市です。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、造船業で栄えました。クライド川(River Clyde)沿いに造船所が建ち並び、グラスゴーはその中心都市でした。

グラスゴー・スナップ
一時は人口が100万人を越え、ヨーロッパにおいてロンドン、パリ、ベルリンに次ぐ規模の都市であったといわれています。現在の人口は約58万人です。

中村俊輔が活躍したセルティックFCの本拠地です。ちなみに、セルティックFCはスコティッシュ・プレミアシップのチームで、なんと2013年のリーグ発足以降、一度も優勝を逃したことがありません。

グラスゴーの音楽

グラスゴーを語る上で欠かすことができないのが、音楽シーンです。

毎年7月に、クライド川沿いの緑地グラスゴー・グリーンで、”TRNSMT Festival”という大規模な野外音楽フェスティバルが開かれています。これは2016年を最後に事実上終了した、“T in the Park”の歴史を引き継ぐイベントでもあります。

グラスゴー出身のバンドも、枚挙に暇がありません。シンプル・マインズ(Simple Minds)、プライマル・スクリーム(Primal Scream)、ティーンエイジ・ファンクラブ(Teenage Fanclub)、スノウ・パトロール(Snow Patrol)、トラヴィス(Travis)、モグワイ(Mogwai)、ベル・アンド・セバスチャン(BELLE AND SEBASTIAN)、フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)、ザ・フラテリス(The Fratellis)、チャーチズ(CHVRCHES)など。

チャーチズはテレビ番組『テラスハウス TOKYO 2019-2020』や、小島秀夫氏のビデオゲーム『DEATH STRANDING』にも楽曲を提供しており、馴染みのある日本人も多いのではないでしょうか。

グラスゴーの観光スポット

道草旅行社おすすめの観光スポットを、1位から順に発表していきます!

1位ケルヴィングローブ美術館・博物館

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
グラスゴーの遊び心を感じることのできる美術館・博物館です。スピットファイアとサバンナの動物を同じホールに展示するという感覚は、日本人にはないかもしれません。詳しくは、下の記事をご覧ください。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館の基本情報 ケルヴィングローヴ美術館・博物館は、トリップアドバイザーにおいてグラスゴーでもっとも人気のある...
2位グラスゴー大聖堂

グラスゴー大聖堂
宗教改革の嵐を生き残った、貴重な中世ゴシック教会です。スコットランド本土で最古の大聖堂であり、グラスゴーで最古の建物でもあります。詳しくは、下の記事をご覧ください。

グラスゴー大聖堂の基本情報 グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)は、スコットランド国教会の大聖堂です。 グラスゴーの守...
3位グラスゴー・ネクロポリス

ネクロポリス
ネクロポリス(necropolis)は、大規模な墓地を意味する一般名詞です。グラスゴー・ネクロポリスは、グラスゴー大聖堂の東側に盛り上がった丘の上にあります。

ネクロポリス
様々な形の墓や記念碑を見ることができます。写真右手のものは、エディンバラはカールトン・ヒルにあるダグラス・スチュアート記念碑によく似ています。あちらは柱がコリント式ですが、こちらはイオニア式です。