【ヨーク・ミンスター】おすすめの見どころとアクセス

ヨーク・ミンスターの基本情報

ヨーク・ミンスター(York Minster)またはヨーク大聖堂は、正式名称を「ヨークの聖ペトロ首府主教座聖堂(The Cathedral and Metropolitan Church of St Peter in York)」といいます。イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」ですので、「イギリスのヨーク大聖堂」は正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国のヨークの聖ペトロ首府主教座聖堂(The Cathedral and Metropolitan Church of St Peter in York, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」といわねばなりません。

ヨーク・ミンスター(大聖堂)
ヨーク・ミンスターの歴史は、7世紀に建てられた木造教会に遡ることができます。2度の火災による焼失の後1472年、現在見ることのできるゴシック様式の建物が完成しました。

イングランド国教会は文字通りイングランドの国教であり、イギリスの君主(現エリザベス女王)はイングランド国教会の首長を兼ねます。そのイングランド国教会において、イングランド北部を管轄しているのがヨーク・ミンスターです。

ちなみに、イングランド南部を管轄しているのは『カンタベリー物語』で有名なカンタベリー大聖堂です。カンタベリー大聖堂を「カンタベリー・ミンスター」と呼ぶことはありません。

チケットについて

MINSTER ONLY(大聖堂のみ)のチケット(大人£11.50)と、MINSTER AND TOWER(大聖堂と塔)がセットになったチケット(£16.50)の2種類があります。後者がおすすめです。

また塔のチケットは整理券を兼ねています。入場時間が記載されていますので、ステンドグラスに心を奪われて、時間を忘れないように注意してください。

ヨーク・ミンスターの見どころ

それではいよいよ写真とともに、ヨーク・ミンスターの見どころをご紹介していきます!

ヨーク・ミンスター(大聖堂)
イングランド・ゴシック様式を代表する建築物の一つです。

ヨーク・ミンスター(大聖堂)
ちょうど先ほどの写真を、中から見た格好になります。西面中央の大きなステンドグラスは、”Great West Window”と呼ばれています。

ヨーク・ミンスター(大聖堂)
ハートの形を組み合わせたような、ステンドグラス上部の意匠も素敵です。

ヨーク・ミンスター(大聖堂)
南側の側廊です。