【ダイバーシティ東京 プラザ】初代ガンダムからユニコーンガンダムまで

ダイバーシティ東京 プラザ(ユニコーンガンダム)

ダイバーシティ東京 プラザの基本情報

ダイバーシティ東京 プラザは、東京都江東区青梅にある複合商業施設です。

「ダイバーシティ」の名前はお台場に由来します。住所は(港区台場ではなく)江東区青梅ですが、大江戸温泉物語のある辺りより北は青梅であっても一般に、「お台場」と呼ばれます。パレットタウンも同様です。

衣料品、食料品、フードコートに加えて、エンターテインメント施設としてラウンドワンやZepp DiverCity、さらにユニークなところでうんこミュージアムやガンダムベース東京が入っています。

ガンダムベース東京は、バンダイ公式のガンプラ総合施設で、ガンプラの聖地ともいえる場所です。日本最大級の品揃えに加えて、ここでしか買えないオリジナルガンプラも取り揃えています。

観光スポットとして人気があるのは、屋外展示されている実物大(1/1スケール)のガンダム立像です。続いて、ガンダム立像について詳しくご紹介していきます!

お台場・豊洲・新木場 (観光エリアで選ぶ) | 東京の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
お台場・豊洲・新木場エリアでは、正規品のお土産を買うのも楽しいですが、実際に自分の手で作るお土産づくりを楽しむことができます。いつも忙しい日々を過ごしている、という方や、趣味を作りたいと思っているお客様、もっと思い出を作りたいと思っているカップルやご夫婦にピッタリのアクティビティをご紹介させていただきます。東京は首都と...

初代ガンダム立像

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

ガンダム立像の歴史は、ダイバーシティ東京 プラザが開業した2012年に遡ります。

初代ガンダム立像のモデルはRX-78-2、いわゆる「ファーストガンダム」です。アムロ・レイが乗っている機体(モビルスーツ)です。

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

ガンダムが、首を横に振っています。

ガンダム立像が他の一般的な立像と違うのは、(部分的にではあるにせよ)「動く」という点です。自由の女神も、牛久大仏も動きはしませんから。

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

さらに煙幕を出し、首は宇宙(そら)を仰いでいます。

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

右足の踵が浮いています。

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

いつ最初の一歩を踏み出してもおかしくない、そんな鬼気迫るものを感じます。

ダイバーシティ東京 プラザ(初代ガンダム)

全体的にソリッドな印象ですが、太ももだけは優美な曲面が見られます。セクシーです。

タイトルとURLをコピーしました