【カレドニアン・スリーパー】寝台列車でスコットランドへ

カレドニアン・スリーパー

カレドニアン・スリーパーの基本情報

カレドニアン・スリーパー(Caledonian Sleeper)は、ロンドンとスコットランドの各都市を結ぶ寝台列車です。

イギリスには、イングランドとスコットランドを縦断するイースト・コースト本線(東海岸本線)と、ウェスト・コースト本線(西海岸本線)という2つの大動脈があります。カレドニアン・スリーパーは、ウェスト・コースト本線を走ります。ロンドンのターミナル駅は、ユーストン駅です。

【ロンドンのターミナル駅】東海岸か西海岸か、それが問題だ
ロンドンのターミナル駅は、メリルボーン・ロード沿いとテムズ川沿いに集中しています。イギリスには、イングランドとスコットランドを縦断するイースト・コースト本線(東海岸本線)と、ウェスト・コースト本線(西海岸本線)という2つの大動脈が...

カレドニアン・スリーパーの乗車体験

イギリス鉄道92形「カレドニアン・スリーパー」

カレドニアン・スリーパー
貨物列車と客車を牽引する機関車として設計されており、イギリスの鉄道会社GB Railfreightなどで採用されています。

カレドニアン・スリーパー
カレドニアン・スリーパーを運行しているのはセルコ(Serco)ですが、GB Railfreight(GBRf)はその重要なパートナーです。

カレドニアン・スリーパー
古代ローマの時代、スコットランドはカレドニア(Caledonia)と呼ばれていました。”Caledonian”には、”Scottish”と同じように「スコットランド人」「スコットランドの」という意味があります。

ちなみに、ニューカレドニア(New Caledonia)という国がありますが、イギリスの海洋探検家キャプテン・クックが、スコットランドの風景を連想して名付けたといわれています。

カレドニアン・スリーパー
カレドニアン・スリーパーのシンボルマークは、スコットランドに生息するアカシカ(red deer)をモチーフとしています。

カレドニアン・スリーパー
カレドニアン・スリーパーのクラスには大きく分けて、”Classic Rooms”と”Club Rooms”がありますが、こちらは”Club Rooms”の様子です。シャワーとトイレが備え付きかどうか、朝食が含まれているかどうかなどの違いがあります。

カレドニアン・スリーパー
枕元には、携帯を置くスペースが用意されています。

タイトルとURLをコピーしました