【イオラニ宮殿】おすすめの見どころとアクセス

イオラニ宮殿

イオラニ宮殿の基本情報

イオラニ宮殿は、ハワイ王国の宮殿です。アメリカ合衆国唯一の宮殿といわれています。現在見られる建物は、ハワイ王国第7代国王のカラカウア王が1882年に建設したものです。

ハワイ王国は1893年、クーデターにより崩壊します。ハワイは臨時政府、共和制の時代を経て、アメリカ合衆国の準州、州へと移行します。イオラニ宮殿はその間、議事堂としての役割を果たします。1978年に大規模な修復が行われ、以降博物館として一般公開されています。

ハワイ王国は皇室との交流の歴史もあり、明治天皇から寄贈された壺や茶器などを見学することができます。

イオラニ宮殿 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
ハワイ王国の第7代で、「メリー・モナーク(陽気な国王)」と呼ばれ、親しまれていたカラカウア王が建てたイオラニ宮殿は、地上2階、地下1階の建物になっていて、アメリカ合衆国の中で唯一の宮殿です。1880年代としては珍しい電球や電話機などの電気設備や水洗トイレなど、最先端の機能の設備を備え、装飾品なども贅を尽くした造りになっ...

イオラニ宮殿の見どころ

イオラニ宮殿

ハワイ王国の宮殿です。ハワイ州の議事堂として使用された歴史もあります。ハワイ州の旗がはためいています。

イオラニ宮殿

ホールの中央に大階段があります。

イオラニ宮殿

ホールには、明治天皇から寄贈された伊万里焼の壺が展示されています。

イオラニ宮殿

ハワイ王国の第7代国王であるカラカウア王は1881年、世界一周の旅に出ます。カラカウア王は世界一周を行った、最初の君主とされています。日本で明治天皇とも謁見しています。壺はカラカウア王が帰国したあとに、明治天皇から送られたものといわれています。

イオラニ宮殿

同じく明治天皇から寄贈された、菊の御紋が入った茶器も展示されています。

イオラニ宮殿

"Kulia i ka nu'u"はハワイの言葉で、「頂上を目指して努力する」という意味です。カラカウア王妃、カピオラニ女王のモットーであったといわれています。

イオラニ宮殿

華やかでいて派手すぎず、格式を感じることのできる調度品の数々です。アンティーク好きの方にもおすすめです。

イオラニ宮殿

イオラニ宮殿のアクセス

イオラニ宮殿は、ホノルルのダウンタウンエリアにあります。ワイキキからなら、ワイキキトロリーのレッドラインまたは公共バス(The Bus)を利用するのが便利です。

Ⓐアラモアナセンターからも、歩けない距離ではありません。西へずっと約33分歩くと、Ⓑイオラニ宮殿に着きます。道路を挟んだ反対側に、アリイオラニ ハレと呼ばれる裁判所を背にした、カメハメハ大王像があります。

スカイライン全線開通後は、クロロイア(Kuloloia)駅が最寄駅となる見込みです。

イオラニ宮殿 (観光情報) (観光情報) | ハワイ(オアフ島(ホノルル))観光 VELTRA(ベルトラ)
ハワイ王国の第7代で、「メリー・モナーク(陽気な国王)」と呼ばれ、親しまれていたカラカウア王が建てたイオラニ宮殿は、地上2階、地下1階の建物になっていて、アメリカ合衆国の中で唯一の宮殿です。1880年代としては珍しい電球や電話機などの電気設備や水洗トイレなど、最先端の機能の設備を備え、装飾品なども贅を尽くした造りになっ...
タイトルとURLをコピーしました