【スターリング城】おすすめの見どころとアクセス

スターリング城の基本情報

スターリング城(Stirling Castle)は、スコットランドのスターリング(Stirling)という街にある城です。

スターリング城
ハイランド(スコットランド北部)一帯を見渡すことのできる、キャッスル・ヒル(Castle Hill)と呼ばれる丘の上に建っています。

天然の要衝と呼べる場所で、古代ローマ時代も戦略的に重要な場所だったと信じられていますが、中世後期以前までの歴史には多くの謎が残されています。

アサル朝のスコットランド国王アレグザンダー1世(Alexander I)が1124年にこの地で没したという記録があり、その頃には王国にとって主要な拠点のひとつになっていたと考えられています。

スターリング城
13世紀から14世紀にかけて起こったスコットランドとイングランドの戦争、スコットランド独立戦争において、スターリング城は破壊されます。

現在見ることのできる建物の多くは、15世紀から16世紀にかけて建設されたものです。それ以降、スターリング城はふたたびスコットランド王国(スチュアート朝)の居城となります。

メアリー・ステュアート(Mary Stuart)をはじめ、多くのスコットランド王がスターリング城で戴冠式を行っています。

スターリング城の見どころ

それではいよいよ写真とともに、スターリング城の見どころをご紹介していきます!

スターリング城
アン女王の庭(Queen Anne Gardens)と呼ばれています。アン女王は、ステュアート朝最後の君主であり、同時にグレートブリテン王国の初代国王です。

スターリング城
庭園は15世紀に造られたとされています。アン女王もこの庭で遊んだのでしょうか。

スターリング城
スコットランド独立戦争で活躍したスコットランドの英雄、ウィリアム・ウォレス(William Wallace)を記念して建てられた、ナショナル・ウォレス・モニュメント(National Wallace Monument)が遠く山の上に見えます。

スターリング城
キングス・ノット(King’s Knot)と呼ばれる、スターリング城に付属する庭園です。スコットランドの王族がここで、馬上槍試合や鷹狩りなどを楽しんだといわれています。八角形の塚が特徴的です。