【スフォルツェスコ城】お城の中はミラノいちの博物館?

スフォルツェスコ城

ニューヨークの美術館といえばメトロポリタン美術館、パリの美術館といえばルーヴル美術館あるいはオルセー美術館。ではミラノの美術館といえば?
美術に詳しい方なら、ブレラ美術館(ブレラ絵画館)という名前も挙がるかもしれません。しかしトリップアドバイザーによると、ミラノでもっとも人気のある美術館・博物館はずばり、スフォルツェスコ城です!
お城が、美術館・博物館とはどういうことでしょうか?
じつはスフォルツェスコ城の内部はミラノ市立博物館(美術館)になっており、ミケランジェロ最後の作品『ロンダニーニのピエタ』や、レオナルド・ダ・ヴィンチの天井画など、世界第一級の作品を収蔵、展示しています。
そんなお城としても、美術館・博物館としても魅力的な、スフォルツェスコ城の見どころをご紹介していきます!

スフォルツェスコ城とは?

スフォルツェスコ城

14世紀中ごろに当時ミラノを支配していたヴィスコンティ家の僭主、ガレアッツォ2世・ヴィスコンティによって建てられました。15世紀中ごろミラノの支配権がスフォルツァ家に移るとともに、スフォルツァ家の居城となりました。スフォルツァ城とも呼ばれます。

スフォルツァ家最初のミラノ公となったフランチェスコ・スフォルツァは、もとヴィスコンティ家の傭兵隊長でした。ヴィスコンティ家の娘と結ばれ、ヴィスコンティ家の当主が跡継ぎを残さず亡くなったことにより、結果的に権力がスフォルツァ家に移りました。当時は「傭兵隊長上がり」という嘲りもあったようです。

スフォルツェスコ城

フランチェスコの子で、次代の城主となったルドヴィーコ・スフォルツァはルネサンスの芸術家を雇い、城を飾りました。その中にあのレオナルド・ダ・ヴィンチも含まれていました。ちなみにサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の有名な『最後の晩餐』を描かせたのも、なにを隠そう、このルドヴィーコ・スフォルツァです。

ちなみにスフォルツェスコ城最大の見どころとなっている『ロンダニーニのピエタ』ですが、これはスフォルツェスコ城が博物館になってから1952年にローマから運ばれたものであり、直接スフォルツェスコ城の歴史と関係があるわけではありません。

スフォルツェスコ城 (観光情報) (観光情報) | ミラノ観光 VELTRA(ベルトラ)
ミラノは「ファッションの街」として有名な北イタリア最大の都市です。さらに、数々の歴史的建造物が存在することでも有名です。そのひとつ、スフォルツェスコ城は、中心地ドゥオーモから5分の所にある城塞です。現在は美術館として公開されています。広大な敷地のセンピオーネ公園に面して建つ赤茶けたレンガ造りの建物は、古い時代のものだと...

スフォルツェスコ城の入場料は?

スフォルツェスコ城自体の入場料は、無料です。
スフォルツェスコ城博物館の入場料は、5ユーロです。
スフォルツェスコ城の中には古代エジプト博物館や楽器博物館など様々な博物館があり、「スフォルツェスコ城博物館」はその総称です。5ユーロですべての博物館に入場可能です。『ロンダニーニのピエタ』も、その中に含まれます。

いざスフォルツェスコ城へ!

スフォルツェスコ城と、スフォルツェスコ城博物館の収蔵品をご紹介します。

スフォルツェスコ城
スフォルツェスコ城
スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城のお堀は、猫の住処になっています。

スフォルツェスコ城

中世の騎士像です。

タイトルとURLをコピーしました