【ケルヴィングローヴ美術館・博物館】おすすめの見どころとアクセス

ケルヴィングローヴ美術館・博物館の基本情報

ケルヴィングローヴ美術館・博物館は、トリップアドバイザーにおいてグラスゴーでもっとも人気のある観光スポットであり、またスコットランド全体でも3本の指に入る人気の観光スポットです。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
建物はスペインバロック様式で、ジョン・ウィリアム・シンプソンとE・J・ミルナー・アレンによって設計されました。スコットランド南部にあるロッカーブリッグス(Locharbriggs)という街が産み出す、赤い砂岩を使用しているのが特徴です。

1901年に開館し、同年ケルヴィングローヴ公園にて開催されたグラスゴー万博の会場として使われました。

名前は「美術館・博物館」ですが、「博物館」の中には自然史博物館や民族学博物館、そして産業博物館の意味も含まれており、現代美術から動物、民俗工芸品、乗り物に至るまで、「節操のない」といってもいいくらい、展示内容に制限はありません。

グラスゴーにある他の観光施設と同様、入場は無料です。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館の見どころ

それではいよいよ写真とともに、ケルヴィングローヴ美術館・博物館の見どころをご紹介していきます!

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
建物に入るとまず目に飛び込んでくるのが、この巨大なホールと大聖堂にあるような立派なパイプオルガンです。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
ケルヴィングローヴ美術館・博物館の魅力は、展示内容の幅広さもそうですが、展示方法にもあります。例えばウサギをモチーフにしたような日本の兜があれば、横に本物のウサギ(剥製)を並べます。

1つ1つがもちろん鑑賞に堪えるだけのものではあるのですが、それらの並べ方によって、一種のコラージュによる新たな芸術作品を生み出しているともいえます。行儀のいい日本人には、簡単に真似のできない芸当かもしれません。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
戦闘機とダチョウ、そしてキリンです。手前にはゾウさんもいます。バロック建築との対比も面白いです。

ちなみに戦闘機は、第二次世界大戦で活躍したイギリス空軍が誇る、スピットファイア(Spitfire)の後期型Mk. 21です。ロールス・ロイス社製のエンジンを積んでいます。

ケルヴィングローヴ美術館・博物館
“Anderson Special”という名前のクラシックカーです。誇らしげに、ロゴをたくさんつけているのが可愛いです。