【イギリス国立鉄道博物館】おすすめの見どころとアクセス

イギリス国立鉄道博物館の基本情報

イギリス国立鉄道博物館
鉄道発祥の国イギリスが誇る、世界最大級の鉄道博物館です。

蒸気機関車の基本設計を完成させたといわれるロケット号や、蒸気機関車の世界最高速度を記録したマラード号など、特に蒸気機関車に関する展示が充実しています。

日本からは新幹線0系が寄贈され、博物館を代表する展示車両の1つになっています。
さいたまの鉄道博物館、京都鉄道博物館と姉妹提携を締結しています。

入場料について

入場料は無料です。但し、5ポンドの寄付が推奨されています。

イギリス国立鉄道博物館の見どころ

それではいよいよ写真とともに、イギリス国立鉄道博物館の見どころをご紹介していきます!

イギリス国立鉄道博物館
レンガ造りの、味のある建物です。

イギリス国立鉄道博物館
日本の新幹線が、イギリスのレジェンド達と並んでいます。

イギリス国立鉄道博物館
ここにもやはり、入口に一番近い場所に新幹線のパネルがあります。

その右隣がマラード号、さらにその右隣が「デルティック」という愛称で呼ばれるディーゼル機関車です。いずれも後ほど、実機の写真とともにご紹介します。

グラッドストーン号

イギリス国立鉄道博物館(グラッドストーン号)
所謂「お召列車」です。日本だと菊の御紋がつくところに、イギリスの国章がついています。ライオンはイングランドを、ユニコーンはスコットランドを象徴しています。

イギリス国立鉄道博物館(グラッドストーン号)
グラッドストーン号が牽引する客車で、「ヴィクトリア女王の客車(Queen Victoria’s Saloon)」と呼ばれています。

イギリス国立鉄道博物館
列車の客席をモチーフにした座席で、お茶休憩をしたり軽食をとることができます。