【ヴァティカン】おすすめの観光スポットとモデルコース

サン・ピエトロ大聖堂
大聖堂の内部です。

サン・ピエトロ大聖堂
ベルニーニによって制作された天蓋です。「大天蓋」あるいは「ブロンズの天蓋」とも呼ばれます。

サン・ピエトロ大聖堂
聖ペトロの銅像です。足に触れることができ、皆がそうして祈りを捧げるため、指の形がなくなるまでにすり減っています。

サン・ピエトロ大聖堂
ミケランジェロは「ピエタ」(十字架から降ろされたイエス・キリストを抱く聖母マリアの像)を4体残していますが、3体は未完成で、唯一完成したのがこの『サン・ピエトロのピエタ』です。ミケランジェロを代表する作品の一つです。

2位ヴァティカン美術館

ヴァティカン美術館
ローマ教皇の住む「ヴァティカン宮殿」の大部分を美術館として公開しています。「ヴァティカン博物館」とも呼ばれます。

パリのルーヴル美術館、ロンドンの大英博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館に次いで、世界で4番目に入館者の多い美術館(博物館)です。

最大の見どころは、ミケランジェロの大作『最後の審判』を含む「システィーナ礼拝堂」ですが、残念ながら堂内の写真撮影は禁止されています。ちなみに徳島の大塚国際美術館に、礼拝堂内部が陶板で見事に再現されています。

他に『アテナイの学堂』を含む「ラファエロの間」も、大きな見どころの一つです。

口コミサイトで人気の観光スポット

参考に2つの代表的な口コミサイトで、人気の観光スポットを見てみましょう。
フォートラベルは日本人ユーザーが大半で、トリップアドバイザーは外国人ユーザーの比率が多いという特徴があります。

フォートラベル(4travel.jp)

2018年12月30日時点のランキングです。

順位 観光スポット
1 サン ピエトロ大聖堂
2 バチカン美術館
3 サン ピエトロ広場

トリップアドバイザー(tripadvisor.jp)

2018年12月30日時点のランキングです。

順位 観光スポット
1 サン・ピエトロ大聖堂
2 システィーナ礼拝堂
3 バチカン美術館
4 ラピエタ
5 ラファエロの間

ヴァティカンの主要な観光スポットは、大きく分けるとサン・ピエトロ大聖堂とヴァティカン美術館の2点です。サン・ピエトロ広場は、大聖堂の付属物とみなすことができます。

トリップアドバイザーでシスティーナ礼拝、ラファエロの間がランクインしていますが、これらはヴァティカン美術館の一部です。「ラピエタ」はラファエロの『サン・ピエトロのピエタ』を意味し、サン・ピエトロ大聖堂の一部です。