【ニューヨーク観光】おすすめ観光スポットとモデルコース

ニューヨークのおすすめ観光スポットをランキング型式でご紹介していきます。そんな見どころいっぱいのニューヨークを最大限楽しむための、おすすめ観光モデルコースとおすすめ観光パスをご紹介します。ガイドブックには載らないような、ふと気になった街の風景などは「ニューヨークの道草」に掲載しています。

ニューヨークの基本情報

アメリカ最大の都市であり、世界的な大都市の一つです。「世界都市ランキング」ではロンドンと首位を争います。パリや東京も世界的な大都市には違いありませんが、「人種のるつぼ」と形容できる真にグローバルな大都市は、ロンドンとニューヨークだけです。ニューヨークのウォール街は、ロンドンのシティと双璧を成す国際金融センターとして知られています。

ニューヨーク・マンハッタン・スナップ
ニューヨーク市の人口は約850万人で、東京23区のそれより約100万人少ない数です。
ニューヨーク市はマンハッタン、ブルックリン、クィーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドという5つの区に分かれます。東京23区の人口が約950万人であることを考えると、5区という数は極端に小さく感じられます。あるいは東京23区が多すぎるのかもしれません。

ニューヨーク・マンハッタン・スナップ
とりわけマンハッタン区の人口密度は高く、約2万8千人/km2で東京23区のどこよりも密集しています。東京で最大の人口密度を誇るのは豊島区で、約2万3千人/km2ですがその人口はたかだか30万人程度です。マンハッタン区だけで170万人近くもいることを考えると、驚異的です。マンハッタン区の人口は川崎市の人口(約150万人)に比較的近く、川崎市も人口密度の高さで知られていますが、それでも約1万人/km2ですのでいかにマンハッタン区の人口密度が高いか、その規模が巨大かわかります。

ニューヨーク・マンハッタン・スナップ
人だけでなく高層ビルも密集しており、逆に背の低いビルを探すほうが難しいくらいです。超のつく高層ビルが所狭しと建ち並んでいます。これをまさにコンクリート・ジャングルというのでしょう。マンハッタンと比べると、東京のビル群なんてかわいらしいものです。
トリップアドバイザーでは、マンハッタン・スカイライン(マンハッタンの超高層ビル群)が人気の観光スポット1位になっています。ここまで突き抜けると、ただの街の風景が観光スポットに変わります。

ニューヨークのおすすめ観光スポット

道草旅行社おすすめの観光スポットを、1位から順に発表していきます!

1位​自由の女神

自由の女神
まずはなんといってもニューヨークのシンボル、自由の女神です。
世界遺産にも登録されています。ちなみにニューヨークにある唯一の世界遺産です。

自由の女神
自由の女神を楽しむ方法はいくつかあります。とにかく安くすませたい、という方にはスタテン島(スタテン・アイランド)行きの無料フェリーに乗るのがおすすめです。ただしこちらは海上から眺めるのみで、自由の女神が鎮座するリバティ島(リバティ・アイランド)には上陸できません。

リバティ島に上陸するためにおすすめの方法は、スタチュー・クルーズです。バッテリー公園(バッテリー・パーク)から船が出ています。
スタチュー・クルーズのチケットにはいくつか種類があります。上陸だけのRESERVE TICKET、女神の台座に登ることができるPEDESTAL RESERVE TICKET、そして女神の王冠にまで登ることができるCROWN RESERVE TICKETです。PEDESTAL RESERVE TICKET、CROWN RESERVE TICKETは事前予約が必須ですので、プランに入れている方は忘れないようにしてください。

英語のみですが、公式サイトから予約が可能です。
https://www.statuecruises.com/

エリス島

エリス島
スタチュー・クルーズは、エリス島(エリス・アイランド)への上陸がセットになっています。スタテン島、リバティ島、そしてエリス島と島の名前が続きますが。
日本人にはあまり馴染みのないエリス島ですが、ここにはかつてアメリカ合衆国移民局が置かれていました。移民たちはここでアメリカ人になるための宣誓をしました。そのためアメリカ人には「移民の国」アメリカを象徴する場所として、広く認知されています。

エリス島
移民局だった建物は、現在博物館として使われています。入館は無料です。というか、スタチュー・クルーズのチケット代に含まれています。

エリス島
どの年代にどの人種が、どれだけ移民してきたかをわかりやすく表したモニュメントです。手前から紫色がイギリスを中心とした北部・西部ヨーロッパ、緑色が中央ヨーロッパ、橙色が南ヨーロッパ、灰色が東ヨーロッパ、赤色がアジア、青色がヒスパニックに代表される中央・南アメリカ、そして最後の茶色がアフリカとオセアニアの合計です。右にいくほど年代が遡ります。

かつてはヨーロッパからの移民が中心で、その子孫が我こそがアメリカ人という大きな顔をしているわけですが、近年はアジア人とヒスパニックが急増していることがよくわかります。そのうちアメリカ合衆国は、アジア人とヒスパニックの国になるかもしれません。

エリス島