【グラスゴー大聖堂】おすすめの見どころとアクセス

グラスゴー大聖堂の基本情報

グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)は、スコットランド国教会の大聖堂です。

グラスゴーの守護聖人である聖マンゴーを祀っています。それゆえ、聖マンゴー大聖堂(The Cathedral of Saint Mungo)とも呼ばれます。

カトリック教会として、12世紀以前に建設されました。16世紀に起こった宗教改革によって、スコットランドでは多くのカトリック教会が失われましたが、グラスゴー大聖堂は奇跡的に無傷で生き残り、中世ゴシック教会の完全な姿を留めています。

スコットランド本土で最古の大聖堂であり、グラスゴーで最古の建物でもあります。

入場料金・時間について

入場料金は不要(無料)です。

入場時間は季節、曜日によって異なります。日曜日は開場時間が午後1:00と遅いので、注意してください。

季節 月曜日~土曜日 日曜日
4月~9月 午前9:30~午後5:00 午後1:00~午後4:30
10月~3月 午前10:00~午後3:30 午後1:00~午後3:30

詳細、かつ最新の情報は、下記の公式HPをチェックしてください。
https://www.glasgowcathedral.org/

グラスゴー大聖堂の見どころ

それではいよいよ写真とともに、グラスゴー大聖堂の見どころをご紹介していきます!

グラスゴー大聖堂
ネクロポリスのある、東側の斜面から見たグラスゴー大聖堂です。

グラスゴー大聖堂
ファサードは西向きです。朝日が眩しいです。

グラスゴー大聖堂
ファサード中央のステンドグラスを、大聖堂の内側から見たところです。

グラスゴー大聖堂
グラスゴー大聖堂
グラスゴー大聖堂
ランセット窓は、ゴシック教会が持つ特徴の1つです。

グラスゴー大聖堂
1対のパイプオルガンが、内陣の上部に向かい合う形で配置されています。

最初にパイプオルガンが設置されたのは1879年で、20世紀に何度かつけ替えられています。