【ヴェネツィア観光】おすすめ観光スポットとモデルコース

ヴェネツィアのおすすめ観光スポットをランキング型式でご紹介していきます。そんな見どころいっぱいのヴェネツィアを最大限楽しむための、おすすめ観光モデルコースをご紹介します。ガイドブックには載らないような、ふと気になった街の風景などは「ヴェネツィアの道草」に掲載しています。

ヴェネツィアの基本情報

「ヴェネツィア(ベネチア)」はイタリア語の”Venezia”をカタカナ読みしたものですが、英語の”Venice”から「ヴェニス(ベニス)」とも呼ばれます。『ヴェニスに死す』や『ヴェニスの商人』といった、数々の映画や小説の舞台になってきました。

カナル・グランデ
ヴェネト州の州都で、ヴェネツィア県の県都です。行政上におけるヴェネツィアの市域はヴェネツィア本島だけでなく、リベルタ橋で繋がったイタリア本土側にも広がります。ヴェネツィア市の人口は約26万人ですが、観光の中心であるヴェネツィア本島より、イタリア本土側に人口の重心があります。

「アドリア海の女王」と呼ばれ、アドリア海において絶対的な海洋権益を誇っていた、ヴェネツィア共和国という海洋国家がかつてありました。ヴェネツィアはその首都でした。ヴェネツィア共和国は、697年の建国からナポレオン・ボナパルトに滅ぼされる1797年まで、1000年以上にわたって続き、「歴史上最も長く続いた共和国」とされています。

最盛期には、クロアチア、モンテネグロ、アルバニアの沿岸部に加え、ギリシャのペロポネソス半島、クレタ島、そしてキプロス、トルコの一部までもを支配下に置きました。大航海時代の到来とともに、海洋貿易の檜舞台が大西洋や太平洋、インド洋に変わり、徐々にヴェネツィア共和国は力を失っていきました。

ヴェネツィア共和国を滅ぼしたのはナポレオン・ボナパルトですが、彼はサン・マルコ広場を目にして、「世界一美しい広場」と称えたと伝えられています。

サン・マルコ広場
サン・マルコ広場をはじめとしたヴェネツィア本島の主要な構造物、そして周辺の島々は「ヴェネツィアとその潟」として世界遺産に登録されています。

カンヌ、ベルリンと並ぶ世界三大映画祭のひとつである、ヴェネツィア国際映画祭の開催地としても有名です。
また国際的な美術展として知られる、ヴェネツィア・ビエンナーレの開催地としても有名です。

ヴェネツィアのおすすめ観光スポット

道草旅行社おすすめの観光スポットを、1位から順に発表していきます!

1位ヴェネツィアの街並み

ヴェネツィア・スナップ
ヴェネツィアには世界に類を見ない都市景観があります。1位はあえて特定の構造物ではなく、街並みとしました。

スマホのGPS機能を使って、目的の場所まで最短ルートで行くことができる時代になりましたが、ヴェネツィアでは寄り道や脇道こそ楽しいので、余裕をもったスケジュールを組んで、自ら望んで迷子になりたいです。「ヴェネツィアの道草」も併せてご覧ください!

2位ゴンドラ・クルーズ

ヴェネツィアのゴンドラ・クルーズ
ヴェネツィア観光にゴンドラ・クルーズは欠かせません。詳しくは下の記事をご覧ください。

ゴンドラ乗り場のまとめやおすすめの乗り方をご紹介します。東京ディズニーシーの「ヴェネツィアン・ゴンドラ」と、本場ヴェネツィアのゴンドラとの違...
3位サン・マルコ広場

サン・マルコ広場
かのナポレオン・ボナパルトをもってして、「世界一美しい広場」といわしめたサン・マルコ広場です。「アクア・アルタ」と呼ばれる高潮のときには、冠水した広場の様子がよくニュース映像として流れます。

サン・マルコ広場
サン・マルコ広場
サン・マルコ広場
サン・マルコ広場

サン・マルコ時計塔

サン・マルコ広場(サン・マルコ時計塔)
時計塔といってもいわゆる天文時計であり、IからXXIIIIまでローマ数字が刻まれているように、1周が24時間です。分を表す長針はありません。内側に十二宮の立体彫刻が配されています。地の深い青を出しているのは、ラピスラズリです。